今年のその他の大イベント

  • モンテカルロ・バレエ団
    2023年10月
  • モンテカルロ春の芸術祭
    2024年3月
  • バラの舞踏会
    2024年3月
  • ロレックス・モンテカルロ・マスターズ
    2024年4月
  • モナコ Eプリ
    2024年4月
  • モナコ・ヒストリック・グランプリ
    2024年5月
  • モナコF1グランプリ
    2024年5月
  • トップマーク・モナコ展示会
    2024年6月
  • モンテカルロ・テレビ祭
    2024年6月
  • モナコ・エネルギー・ボート・チャレンジ
    2024年7月
  • 夏の展覧会 - グリマルディ・フォーラム・モナコ
    2024年7月
  • エルキュールEbs陸上競技大会
    2024年7月
  • モナコ・ヨットショー
    2024年9月

Wrcラリー・モンテカルロ

毎年1月にFIA世界ラリー選手権(WRC)シーズンの幕開けを切るのはモナコです。その内陸部のルートで知られる伝説的なラリーがWRCラリー・モンテカルロ。

その歴史は...

ラリー・モンテカルロは世界ラリー選手権でも格調高い、WRC市場最も歴史のあるラリーです。
1911年の第1回大会はモナコの観光を促進するために企画されました。参加者達はヨーロッパの各都市から出発し、最後はゴールのあるモナコ公国に集結という段取りでした。
イベントが1月に開催されたのは、その時期のモナコの気候が欧州内では例外的に温暖であることをアピールするためでした。このラリーの創設者とされているのはガブリエル・ヴィアロンとアントニー・ノジェ。ソシエテ・デ・バン・ド・メール(Société des Bains de Mer)が資金を提供して開催されましたが、初年度の参加者はわずか23人でした。
しかし翌年、参加者は4倍に増え、モンテカルロ・ラリーは本格的にスタート!
この最高峰のモータースポーツイベントでは、1911年にフランス人ドライバー、アンリ・ルジェが初優勝を飾って以来、数えきれないほどのスリルと波乱のある展開に観客は興奮。
このラリーの王者と言えるのはセバスチャン・ローブとセバスチャン・オジェ。セバスチャン・ローブは8勝、セバスチャン・オジェは2023年大会で9勝目をあげました!
モナコ出身のダニエル・エレナは、セバスチャン・ローブが2003年から2013年までモンテカルロで7回の優勝を飾ったときの忠実なコ・ドライバーです。

WRCは持続可能性のパイオニア...

 

2022年度のラリー・モンテカルロでは、「ラリー1」として知られる新しいプラグイン・ハイブリッド車が初優勝を飾りました。100%ガソリン車はもはや過去のものとなりました。

世界ラリー選手権におけるハイブリッド車の登場で、100kWの電気ブーストが取り入れられました。100%電力での航続距離は20kmという見積もりが出ています。
さらに、FIAは化石燃料を使用せず、100%持続可能な燃料、すなわち合成燃料とバイオ由来成分をブレンドした燃料を使用するP1 Racing Fuels社をサプライヤーとして指名しました。
WRCはこの新技術を導入する最初のFIA世界選手権としてパイオニア的な役割を果たしています。
2024年シーズンに向けて、Toyota Gazoo Racingチームは新型ヤリス・ラリー2を投入します。これは新世代のハイブリッド・レーシングカーです。
Rally2の車体とエンジンは、2,500台以上が生産・販売された市販モデルをベースとし、外観とデザインはオリジナル・モデルに大変近いものになることでしょう。

 

ギャップへ...

2022年と2023年、モンテカルロ・ラリーはモナコに本拠地をかまえました。

今年はこの世界最高峰のラリーの本拠地は北へと移動。モナコでは大規模な工事のため、サービスパークや各種インフラの設置に必要なスペースがなくなったため、モナコ自動車クラブ組織委員会は、フランスのオート=アルプ県、すなわち2014年から2021年まで本拠地があったギャップ市に戻ることを選択したのです。
フランスの5つの県にまたがる17のスペシャル区間では、ドライバー達は14の峠を越えなくてはなりません。2024年FIA世界ラリー選手権(WRC)第1戦のルートは、前回よりもさらに雪深いコースになることが期待されています。
しかしながら公式スタートとフィニッシュ、授賞式は、引き続きモナコの象徴であるカジノ広場が舞台となります。

伝説は続く...

最後のスペシャル区間は、伝説的なパワー区間であるラ・ボレーヌ=ヴェスビ 〜トゥリーニ峠です。

この区間ではドライバーたちは夜間、雪の中、寒さに耐えながら走行しました。歓喜と絶望、勝利と失敗、ドライバーたちはそのすべてを経験し、伝説が生まれたのです。トゥリーニ峠はこのステージは雪の中、夜間、寒さの中で行われました。歓喜と絶望、勝利と失敗、ドライバーたちはそのすべてを経験し、こうしてこの伝説が生まれたのです。長年にわたり、トゥリーニ峠はモンテカルロ・ラリーの幕をクライマックスで閉じる最終区間でした。

宿命のライバル同士の決闘? ...

2023年度ラリー・モンテカルロが閉幕した時、その年は参加しなかったセバスチャン・ローブは優勝したセバスチャン・オジェに祝福のメールを送り、翌年は「再戦」すると宣言。
セバスチャン・ローブは2024年のモンテカルロ・ラリーで9度目の優勝を果たし、オジェの記録に並ぼうとしています。

イベントの詳細についてはこちらをクリック 

写真クレジット: ©ACM ; Toyota / McKlein