この夏でモナコで何をする?

発行日 2022/06/30
大規模なイベント、美術館・博物館の新しい展覧会、ユニークなスペクタクル、大人も子供も楽しみながら学べるイベントなど、モナコの夏はこ思い出に残る、オリジナルなイベントやスペクタクルで一杯です。コンサート演劇、ダンス、スポーツ…誰もが楽しめるイベント満載!

新しい特別展覧会と各種大イベント

モナコ大公宮殿内の見学が7月1日に2年ぶりに再スタートします。見学コースと装飾は多少変わりました。壁画は修復され、ヨーロッパの王室の豊かな歴史を描く天井画はそのままです。

モナコ大公の自動車コレクションは 海沿いの新しい場所に移動し、モナコF1グランプリのサーキットと同じ場所で展示されています。テラス・ドゥ・フォンヴィエイユは1993年にオープンしました。モナコ大公のプライベートコレクションである希少な自動車コレクションは7月8日からここで見学することができます。クラシックカーファンにとっては大変嬉しいことです。
モナコでは7月中、美術作品の展覧会も催されます。芸術活動をさらに支援しようという考えから生まれたモナコ芸術週間は7月12日から7月17日まで開催。モナコ国内の様々なギャラリーオークションハウスでユニークでバラエティーに富んだ展覧会が開かれます。

モナコ芸術週間と並行して7月14日から7月16日まではアートモンテカルロ展覧会も開催されます。モナコに集った国際的に有名なギャラリーが作品を紹介します。コンテンポラリーアートとモダンアートの第一線を進むアートモンテカルロ展覧会はモナコの芸術愛好家や蒐集家の高い期待に応えることでしょう。

8月10日にはルイ2世競技場でワンダ・ダイアモンドリーグ陸上競技大会が開催されます。世界各国からトップクラスのアスリート達がモナコで熱戦を繰り広げます。エルキュール陸上競技大会は毎年夏に開催されるモナコの歴史的スポーツイベント。1987年以来、100m、3000m、三段跳び、400m障害、棒高跳びまで、世界的記録の舞台となっています。


ライブコンサート

モンテカルロの夏は華やかなコンサートの舞台でもあります。モンテカルロ・サマー・フェスティバルでは7月9日から8月11日まで、モナコでも伝説的な場所で数々の世界的スターがコンサートを熱演。ガルニエ・オペラ座ではアメリカのグループ、ピンク・マルティーニ、フランス人ソウルシンガー、イマニーが、カジノ広場ではモナコ赤十字主催の夏のコンサートでアリシア・キースが公演。ブラック・アイド・ピー、ジェームズ・ブラント、シンプルマインズ、リタ・オラは、音楽と美食を融合したディナーショーに登場します。

モナコでは多様性をモットーとしています。クラシック音楽では、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団が大公宮殿のオーナー中庭広場で7月17日から8月7日にかけて計5回の特別コンサートを開催。毎夏行われるこのコンサートは1959年に始まりました。今ではグリマルディ家の伝統行事となっています。大公宮殿の17世紀建造の階段が会場となるこのコンサートでは魔法に包まれたような一時を過ごせるでしょう。クラシック音楽と大公宮殿がお互いに魅力を引き立てる素晴らしい雰囲気もお楽しみ下さい。

モナコではダンスも忘れてはいません。この夏、「三人の振付け師(3 Chorégraphes)」と題されたモンテカルロ・バレエ団の公演が数回に渡って開催されます。この公演は「夏はダンス!(L’Eté Danse!)」のプログラムでも特に見どころです。「夏はダンス!(L’Eté Danse!)」では、今のダンス界で注目されている様々なダンスのスペクタクルを提案しています。グリマルディ・フォーラムにて7月14日から7月17日まで開催。

スペクタクルのファンの方達にはモナコ・ヴィル地区のフォール・アントワーヌ劇場での屋外ショーのフェスティバルがおすすめ。日程は7月8日から8月2日まで。第52回目となる今年のフェスティバルでは七夜にわたってバラエティー豊かなプログラムが用意されています。サーカスや歌など、大人も子供も一緒に楽しめる、家族連れにぴったりのフェスティバルです。様々なジャンルが混じり合った、誰でも楽しめるスペクタクル。

「デリルス(Delirious)」と一緒に8月末も夏を楽しみましょう!8月26日から9月4日まで、サーカスとキャバレーが融合したショーを「デリルス(Delirious)」がモナコで皆様にご披露。思いがけないほど魅力的な芸人たちが登場します。サーカス、アクロバット、ライブ音楽、演劇、コメディー劇が融合した忘れがたいショーを国際的に有名な8人のスター芸人達が展開。
 

展覧会

グルマルディ・フォーラムでは夏の間中、特別展覧会が開催されます。2022年の夏は、ファッション界には欠かせない存在であるシューズデザイナーのクリスチャン・ルブタンの作品と創造性をテーマにした展覧会が開かれます。クリスチャン・ルブタンはモナコからも多くの発想を受けています。「クリスチャン・ルブタン 〜 エグジビション/エグジビショニスト 〜」と題されたこの展覧会は7月9日から8月26日まで。30年にわたるルブタンの豊かな創造性に満ちた作品を紹介するという世界初の回顧展です。

モナコ海洋博物館では6月4日から「北極・南極のミッション」展覧会が開催されています。  この展覧会の新しい見学コースはテーマに沿って5つのスペースに分かれており、南極と北極での自然やその土地に住む人々を発見できるようになっています。没入型デジタルコンテンツと設備で360度の体験も出来ます。 

ファミリー向けのアクティビティ

この夏、ガストー広場(Square Gastaud )は息逃せない音楽イベント会場に変身します。7月6日から毎週水曜日の夜、この広場ではお子様も大人もバラエティー豊かな音楽で楽しむことができます。コンダミンヌ地区の懐で8回にわたって開催されるコンサートのうち4回はお子様向け。ジャズ、ゴスペル、ソウルミュージックなどのコンサートは午後7時半頃から始まります。

NRJのコンサートはいかが? NRJのサマーコンサートは国民評議会が先導し、モナコ政府とモナコの市役所との共催で7月8日、エスパス・レオ・フェレ(espace Léo Ferré)にて開催されます。モナコ在住の青少年は入場無料。キンヴェ、カメリア、ジョルダナ、ヤンス、リッツア、ルセンゾ、クングスなど錚々たるサーティストがライブコンサート。
7月14日から8月21日までエルキュール港はイベント満載!上記の期間中、アルベール1世港岸通り(Quai Albert Ier)では様々なアクティビティーが皆様をお待ちしております。カーティングと電気バイクでお子様(3歳以上)が安全に遊べるエアー遊具や 青少年向けが楽しめる広いバスケットボールコートが設置され、

誰もが目を見張る華やかなショーも2夜開催!それは花火大会。モナコで花火大会が再開します!2022年のモナコの幅日大会は7月31日(土)と8月13日(土)の午後10時から始まります。

7月8日はモナコ・ヴィルで「U Sciaratu」と呼ばれるカーニバルが開催されます。モナコの方言では「大騒ぎ」「ばか騒ぎ」と言う意味です。その昔、「U Sciaratu」は冬に開催される仮装カーニバルでした。今では初夏に開催されています。今年のテーマはアフリカ。山車、パレード、おもしろおかしい芸人の登場、音楽グループによるライブ、DJが盛り上げるダンスパーティーなどのプログラムが予定されています。