責任あるガストロノミー

モナコ滞在は美食体験無しでは語れません。モナコは実はグルメ大国、そして環境に対するコミットメント意識が高い国でもあります。星を獲得した高級レストランからブラッスリーまで、モナコで飲食業に関わる人々は持続可能な発展のために努力し、ラベル認定を積極的に進めています。

責任あるレストランのラベル認定

2019年2月、モナコ観光局は、レストランおよびテイクアウトの飲食店向けに「責任あるレストラン(Responsible Restaurant)」ラベル制度を創設しました。モナコのレストランでは既に環境保護対策を実施していますが、「責任ある商業(Responsible Commerce)」と同様に、「責任あるレストラン(Responsible Restaurant)」ラベルを設けることで明確に表示することを目的としています。
モナコの飲食店ではプラスチック製品を減らすだけではなく、ゴミを少なくし食品ロスを抑えることに重点を置いています。「責任あるレストラン」レベルは「責任ある商業」レベルのスタッフが発展させ、各協力機関はそれぞれ個別のアドバイスや指示を受けます。

2020年10月1日からアプリ「YourMonaco でラベル認定を受けた飲食店や商業施設がどこにあるか簡単に調べることができます。

「Mr GOODFISH  」ラベル

「Mr.Goodfish」は海産物の持続可能な消費への意識を一般の人々と業界関係者に喚起することが目的で創設された欧州のプログラムです。「Mr.Goodfish」のロゴは消費者にとって分かりやすい目安となります。 現在、「Mr.Goodfish」のロゴのついた製品はフランス、スペイン、モナコ、イタリアで店頭に並んでおり、他の国へも広まる予定です。

「Mr.Goodfish」ラベルは、海の環境システムの危機についての意識を、漁業に関わる全ての業界と消費者たちが高め、シンプルでポジティブな解決策を提案することを目的としています。
フランス人全てが年に1度だけ「Mr.Goodfish」が推奨する海産物を食べるだけで、絶滅の危機に晒されている品種の海洋生物が18 000トンの救われることになります。

「Mr.Goodfish」ラベル認定のモナコの飲食店・商業施設についてのインフォメーション  

ヴィーガンとヴェジタリアン

野菜や果物、穀物は風味のバラエティーが豊かで、いろいろ組み合わせると素晴らしい料理になります。

素材もレシピも豊富なヴィーガン料理のファンは増加し続けています。レシピ創作の可能性は無限で、ほんとんどの料理はヴィーガン料理にアレンジすることができます。しかも、ヴィーガン料理とヴェジタリアン料理はカーボンフットプリントの排出が少なく、環境への悪影響を抑えられることでも知られています。

様々な食のスタイルと環境保護問題に応えるために、モナコでは多くのレストランがヴィーガン料理とヴェジタリアン料理をメニューに揃えています。https://www.visitmonaco.com/fr/lieu/30/restaurants

「責任ある星付きレストラン」

モンテカルロビーチ・ホテルのレストラン「Elsa」はEcocertから認定を受けた100%オーガニックのレストランで、100%オーガニックのレストランとして初めてミシュランの星を獲得しました。ワインも含め、厳選されたオーガニックの材料のみが使われており、モナコ周辺の地元産および季節の素材にこだわっています。
レストラン「Elsa」で使われている材料は全てオーガニックでABラベル認定を受けています。
モンテカルロビーチ・ホテルはモナコのエネルギー移行憲章に加盟しています。
インフォメーション

モンテカルロ・ベイ&リゾートのオーガニック菜園

モンテカルロ・ベイ&リゾートホテルのレストランも持続可能な発展に取り組んでいます。シェフ、マルセル・ラヴァンが使う果物と野菜はホテルにあるオーガニック菜園から収穫されたものです。表面積400 m²のこの菜園は「Terrae」が運営しています。モンテカルロ・ベイ&リゾートホテルはモナコのエネルギー移行憲章に加盟しており、トリップアドバイザーのエコリーダープログラムにも登録されています。

モンテカルロSBMグループの環境保護対策についてのインフォメーション

食品ロス問題に取り組むモナコ

2013年からモナコは食品ロス問題に積極的に取り組み、様々な機関や業界のもとで多くの活動を行なっています。

「 モナコ食品ロス問題対策(MEG – Monaco s’engage contre le gaspillage )」団体の中心となっている活動は「ラ・プチット・ボワット(ドギーバッグのモナコ版!)」の普及です。この活動に協力しているレストランでは、残した食事やワインなどを頼むだけでお持ち帰りすることができます。

インフォメーション

 

©Prarinya/Shutterstock.com