見る

Hotel de Paris Monte-Carlo

ただのホテルではなく伝説のホテルになったパラスホテルがあります。オテル・ド・パリはそんな素晴らしいホテルのひとつです。

素晴らしいパラスホテルに滞在

1864年以来、オテル・ド・パリは各時代の最上級クラスのホテルであること、そして皆様のおもてなしも最上級であることを目指しています。オテル・ド・パリは、伝説的なあのカジノ広場という理想的なロケーション。客室は全部で208室、そのうち96室はとても贅沢なスイートルーム。オテル・ド・パリは伝統的な高級ホテルのエスプリを継承するホテルですが、美食の空間としても知られています。ホテル内のレストランは、アラン・デュカス率いるレストラン「ルイ・キャーンズ(Louis XV)」(3つ星)、「ル・グリル(Le Grill)」(一つ星)、「オーメール(ÔMER. )」の3軒。ワインカーヴには約350 000本のワインボトルが揃っており、世界でも有数のワインクレクションを誇っています。

オテル・ド・パリ・モンテカルロは世界中で有名なアイコン的存在のパラスホテル。この伝説的なパラスホテルが、4年間にもわたる改装工事(2020年12月まで)で生まれ変わって登場します。オテル・ド・パリ・モンテカルロは、その伝説的な文化遺産としての価値を高めながらも常に生まれ変わり続けます。

正面壁はこのパラスホテルのエスプリを象徴する1909年のベル・エポック様式。新しい空間も創造されました。贅沢な中庭には、超セレクトなハイジュエリーブランドのブティックが並んでいます。レストラン「オーメール」はアラン・デュカスがコラボしました。1000m2という広々としたウエルネススペースは屋上にあり、スパ「テルム・マラン・モンテカルロ(Thermes Marins Monte-Carlo)」はそのすぐ近く。この改装の最も注目すべきところはリヴィエラ地方でも最も素晴らしいとされる新しいスイートルーム2室です。

 

宝石箱のようなスイートルーム

まず初めにプリンセス・グレース・スイートルームをご紹介します。広さはなんとテラス2つ(143m2 & 378m2)を含む983m2。地中海と大公宮殿の素晴らし風景が目の前に広がります。オテル・ド・パリの最上階2階を占めるこのスイートルームは究極の癒しの空間。ホテルの中庭に咲くバラのローズウォーターの香りが漂う安らぎの場所です。お客様に合わせた贅沢なサービスもどうぞご利用下さい。次に紹介するのは2019年2月にオープンしたプリンス・レーニエ3世・スイートルーム。表面積830m2というホテルで最も広いお部屋です。350m2の屋外スペースには逆流スイミングを楽しめるプライベートプールもあります。

プリンス・レーニエ3世・スイートルームはカジノ広場に面しており、19世紀に建てられた、モナコを象徴するこのホテルとカジノの歴史的繋がりを彷彿させます。

レストラン

他にはない料理のレパートリーが発信されているのは、ここ、オテル・ド・パリ・モンテカルロにあるルイ・キャーンズ・アランデュカス(Louis XV-Alain Ducasse)。リヴィエラ地方にはいつも豊なインスピレーションがあふれています。シェフ、ドミニク・ロリーとアラン・デュカスのメニューには現代性と若さが表現されています。しっかりとしたソース、こくのあるブイヨン、フレッシュなソース…。このレストランの料理の特徴はなんといっても正確なブレない味。

 ル・グリル(Le Grill) は9階に位置し、地中海の素晴らしい景色を満喫することができます。晴れた日のランチタイムにはルーフが全開して地中海の陽の光に包まれながらランチ、雲のない日のディナーは星の下でロマンティックに。レストランの評判は名物のグリル料理のおかげです。

オーメール(ÔMER)はホテルの新しいロトンド棟の一階にあります。緑いっぱいのホテルの庭に面したこのレストランのトレードカラーは蒼。様々な地域の影響を受けた料理を発見しましょう。あたたかいおもてなしとカジュアルな雰囲気で、スローライフと美味しい料理を味わってみませんか。

オテル・ド・パリ・モンテカルのバー「バー・アメリカン(Bar Américain)」は、モナコを訪れる誰もが一度は足を運ぶ伝説的なバー。ミュージックライブとアールデコのインテリアはいつも変わりません。新しくできたテラスからは、地中海やカジノ、カジノ広場の美しい景色が見えます。